人気コンテンツ

宮城です。

今日は、少しだけあなたと一緒に、生き方について考えていけたらな?と思う。

突然だが、ちょっと考えて欲しい事がある。

「なぜ、僕らが甘いものを甘いと感じるのか?」

という事についてだ。

 

・・・

この事について、諸説色々とあるのだが。

 

少しだけ哲学的に考えると、《それは、世の中に甘くは無いものがあるからだ。》という事になるそうだ。

 

実は、これ、最近読んだ本の一文なのだが、僕らが「甘い」という事を認識できるのは、それと同時に「甘くない物の存在」があるからだと解いている

 

要するに、何かを認識するためには、それと「比較する何かの存在」がないといけないという事。

 

世の中に「砂糖」しか食べ物がなければ、甘いとか辛いとかの発想すら起こらないだろう。

 

ちなみに、そうした視点からみて、次は「幸せ」という事について考えてみる。

 

この本では、「幸せになりたい!」と望むと、どうなるかについても語っているが。

 

この原則でいうと、現実に「幸せじゃないと感じられるようなもの」が、集まって来るそうだ。

 

なぜ、幸せになりたいと願っているのに、幸せとは逆の出来事が集まって来るか?

 

それは、そうでなければ、「幸せになりたいという感情」が、成立しないからだ。

 

幸せを感じるという現実になるには、まず、幸せじゃないものに囲まれなければいけない。

ということなのだろう。

 

だからこそ、すでに幸せな人は、そもそも「幸せになりたい」と願うことができないし、そういう事を、願うことも無い。

 

常に満たされるている人は、「欲しい」と願う事すらしないのだ。

 

さて、そうしたことを考えた上で、僕やあなたが考えることがあって、それは…。

 

「欲しい」と願うのではなく、「すでに有る」と考えることだそうだ。

 

あなたが感じてないだけで、実は、あなた自身すでに多くの物を手にしているはずだ。

 

外にばかり何かを求める前に、自分の持っている価値を信じる。

 

そういう視点も日々、力強く生きていく中で凄く重要なのではないのかなと思う。

 

自分が持っていないものばかりに目を向けると、自暴自棄になってしまう。

「なぜ、自分にはそれがないんだ?」

そんな事ばかりを感じてしまう。

 

そうだと人生って一気に暗くなるよね?

 

無いものねだりとはよく言ったもので、そうした心情と自分の気持ちのコントロールも経営者としては大切な事なのだ。

 

一見、ビジネスネタとは違う話をしているようだが、結局のところ、僕もあなたも人間だ。

 

そうしたメンタル的な部分での強さが無いと、色々な要因に邪魔されて行動が出来なくなる。

 

そういったことを避けるためにも、もっと、「自分を見るということ」も結果的にビジネスに役立つということだ。

 

ぜひ、覚えておいて欲しい。

 

宮城哲郎公式 メルマガ

あなたが真にやりたい事を実現するためには、「集客」を頑張るだけでは実現しません。真にあなたのやりたい事を実現するためには、集客よりも先にやらなくてはいけない事があります。

それは何かと言うと「単価を上げる」事です。しかし、多くのスポーツビジネスマンは「この方法」を実践する事を躊躇します。なぜなら値上げという言葉に物凄いストレスを感じるからです。

しかし、ビジネスを右肩上がりで成長させたいと願うのであれば、そして「スキル」「知識」「経験」「アイディア」などのような無形のサービスを提供しているビジネスをされている方であれば、集客よりも先にやるべきは「単価を上げる事」です。

単価が低い「薄利多売」のビジネスを行うとビジネスは困難に陥ってしまうのです。しかし、実はあるポイントを押さえておくと、単価を上げる事は難しくはありません。

しかも、お客さんに感謝されながら単価を上げることが可能になります。

もしも、あなたがスポーツビジネスという分野で成功したければ、このメール講座でお伝えしていることを実践されてください。

おすすめの記事