人気コンテンツ

from 宮城哲郎

「自社の強みを探そう!」 

この様なフレーズが本当に多く世に溢れているが、 それを実現しようと、多くの人が実際にやる事というのは… 

商品やサービスのウリや違いだけをアピールしようとすることだけだ。 

でも、これって、実にもったいないと思わないだろうか? 

 

なぜなら、商品やサービスの違いというのは、 それが売れるとわかれば、競合やライバルにも真似されるようになるからだ。 

この様に、後に真似されるようなモノは、差別化にも強みにもなりはしないものだ。

真の強みや違いとは何か? 

この事はもちろん、競合やライバルにも真似できないものでなくてはいけない。 

そして、それは何かというと・・・ それは。

 

「あなたの人生そのもの・・・だ。」 

 

例えば、、、 

僕が単にマーケティングの専門家でしかなければ・・・ 

きっと、他にも、おなじ様な専門家がたくさんいると思うので、 ただ単にマーケティングという商品を売ってもなんら強みにはならない。 

だが僕には、過去に… 

「一生懸命作ったチラシを捨てられまくって施設に呼び出された。」 

そんな経験があり。 

 

他にも…

「元プロサッカー選手という実績があったはずなのに、
 開催するスポーツ教室に人が全く来ない…」 

このような経験も持っている。 

 

今では笑い話だが、当時は本当に辛くて、何度も「もう辞めようかな・・・?」そう思っていた過去なのだ。 

 

海外に住んでいた時の知人に勧められた、マーケティングの本を読んで人生は激変し、今が存在しているわけで。 

 

そういう意味では、僕は単にマーケティングの専門家ということだけではなく。 

 

苦難や、挫折を乗り越えて来た、マーケティングの専門家であるとも言えるだろう。 

 

この様に、自分の歩んで来た人生を価値として伝えることにより。 

 

あなたの商品やサービスは、一気に魅力に溢れるものになるのだが、果たしてそれはなぜだろうか? 

 

なぜ、あなたの過去には価値があるのか?

皆、商品やサービスについて語る時は「良い事ばかり」を語ろうするのだが。 

でも、人間って本当は「完璧な物は存在しない」という事を、心のどこかで知っているものだ。 

だからこそ、あなたは「弱みも」見せる必要がある。 なぜなら、それが顧客の共感を得ることができる体。

 

実際に、完璧であろうとすればするほど、人が感じる魅力とはかけ離れるものだ。 

 

きっとあなただって、似たような商品やサービスなら自分にとって「魅力的」な物にお金は払いたいはずだ。 

 

そして、その魅力とは決して完璧な物だけではないはずだ。 

 

ぜひ、あなたもそんな自分だけのストーリーを、商品やサービスのウリとして付けくわえてみてはどうだろう? 

 

きっとそれこそが、唯一無二の他との「違い」を生み出す物になるだろう。

 

そのままの自分に「価値がある事に気付く事」も、ビジネスで勝つ為には重要なのだからね。

おすすめの記事