無料コンテンツ

無料コンテンツは、吟味の材料に

どんなきっかけで、僕の事を知ってくれたとしても何かのご縁です。
そして、せっかくのご縁ですから大事にしたいと思っています。

もしよろしければ、メールマガジンにご登録してください。僕自身、スポビジ大学というスポーツビジネスに特化したコミュニティの中で様々な情報を発信しておりますが、そうした経験をメール講座として体系化してお届けしています。

僕にとってのメールマガジンは「あなたと関係性を構築する為のツール」です。メールマガジンと聞くと登録後、ほぼ毎日、商品の売り込みの話しかしないようですが、僕のメールマガジンではそうした事はしません

僕のメールマガジンでは、スポーツをはじめとした自身の「スキル」「知識」「経験」「アイディア」などを商品・サービスとして販売する事をビジネスとされている方々が…。

「自分の夢(やりたい事)」と「大切な存在(家族や仲間)」の両方を守る力を持ったスポーツ起業家という存在になる為に、様々な角度からその手助けをする為のコンテンツとしてお届けする事を目的としています。

メールマガジンはほぼ毎日配信していますが、その中身は、動画講座などの無料コンテンツやメールコラムがあったり、日々の近況や、起業家としての価値観などをお伝えする事で、「あなたとの信頼関係を築くことで、お互いが良い関係になれたら良いな?」そんな事を思いながら日々、お届けしています。

もちろん僕もビジネスとしての活動もやっていますから、当然ですがあなたに対して商品を売る事もあります。もしかしたら、あなたはそれをみて「売り込んでいる」という風に感じるかも知れないでしょう。

ですが、一つだけ僕の価値観をお伝えします。

売るという行為はそんな下品のものではなく、もっと素晴らしい活動だと思うのが僕の価値観です。

なぜなら、ビジネスとは自分達の商品に誇りを持っている人達が、「この商品を手に取ってくれたらきっと自分達のお客さんは幸せになる」そうした思いから商品を販売し、その想いが伝わったお客さんが、自分自身の判断で購入する事で対価を得ると思っているからです。

ですから僕は、自分が「相手の為に絶対に良い」と思ったものは、どんどん売っていきます。ですが、そもそも「購入する」という選択肢は、あなた自身が持っているはずです。売りつけるとか、イヤイヤ購入してもらうという考えは端から存在していません。

もちろん、そうは言っても別にあなたに商品を売る為だけに、このメールマガジンをやっている訳ではありませんので、その頻度は恐ろしいほど少ないです。笑

同業のコンサルタント仲間には、「もっと商品を販売した方が良いのでは?」という意見も多く頂いていますが、僕自身、そもそも複数のビジネスをやっているので、そもそもコンサルタントとしての活動のキャパもあります。

あっても月に1度や2度、数日間だけ案内をするぐらいなので安心して日々のメルマガを楽しんでください。

1ヶ月も読んでいけば「スポーツビジネスの面白さ」が分かってくると思いますので。

メールマガジンへの登録について

解除登録はメールマガジン内にある「解除リンク」をクリックすればすぐに解除できます。興味がないと思ったらいつでも解除されてください。貴重な時間を無駄にする事は本望ではないので。

メールマガジンの配信スケジュール

最初の1ヶ月は「特別メール講座」という形式で毎日メールが届きます。その後、特別メール講座が終了後には平日の週5日のスケジュールでメールが届きます。たまに、あなたにシェアしたいことがあった際は休日にメールを送ったりする事もあります。

ですが基本、休日ぐらいは休んでほしいというのが「僕の願い」ですのでほとんど無いと思います。もちろん、メールはいつでも解除できますので、僕からの情報が「いらない」と思った瞬間、いつでも解除してください。

僕は来るものは多少は拒みますが、去る者は絶対に追わない主義ですのでご安心を。

スポビジ大学というサイトに掲載してあるコンテンツを中心にお届けします。(※もちろんメルマガ読者専用のページなどです)宜しかったら、スポビジ大学のサイトも一度ご覧になってみてはいかがでしょう?

宮城哲郎公式 メルマガ

あなたが真にやりたい事を実現するためには、「集客」を頑張るだけでは実現しません。真にあなたのやりたい事を実現するためには、集客よりも先にやらなくてはいけない事があります。

それは何かと言うと「単価を上げる」事です。しかし、多くのスポーツビジネスマンは「この方法」を実践する事を躊躇します。なぜなら値上げという言葉に物凄いストレスを感じるからです。

しかし、ビジネスを右肩上がりで成長させたいと願うのであれば、そして「スキル」「知識」「経験」「アイディア」などのような無形のサービスを提供しているビジネスをされている方であれば、集客よりも先にやるべきは「単価を上げる事」です。

単価が低い「薄利多売」のビジネスを行うとビジネスは困難に陥ってしまうのです。しかし、実はあるポイントを押さえておくと、単価を上げる事は難しくはありません。

しかも、お客さんに感謝されながら単価を上げることが可能になります。

もしも、あなたがスポーツビジネスという分野で成功したければ、このメール講座でお伝えしていることを実践されてください。