• ビジネス
  • スポビジ大学
  • ビジネス
  • ビジネス
働き方改革の波に乗る為のヒント

from 宮城哲郎

 

世の中は、GWなのだがいかがお過ごしだろうか?

 

 

僕は例年になく、GWに全く仕事が無いので、

正直、不安でいっぱいになるのだが。。。笑

 

 

こんな時こそ、やりかけの仕事や、

先の対策等の準備に取りかかろうと思っている。

 

 

さて、そんな中で感じた一コマをあなたにもシェア。

 

 

土日(休日)なのに人がいない

 

僕の住んでいる沖縄は、

この時期はとにかく観光客もふくめて人が多く。

 

 

どこもかしこも人であふれている…はずなのだが。

 

 

なんと、予想に反して人がいない。笑

 

 

ニュースで見る限り、沖縄は年々人口も増加し、

観光客の数も上昇中。

 

 

それなのに、人がいないのだ。

 

 

ま、詳しい統計や情勢をここで語るには、

少しばかり時間もかかるので、

 

 

弊社発行のニュースレターなどで、

詳しいことはお伝えしたいのだが、

 

 

調べによると、大きな理由の1つとして、

人が少ないということでは、もちろんなく。笑

 

 

単純に働き手の休日がばらけたことにより、

土日だから休日では無い事が要因との事らしく。

 

 

逆を言えば、平日だからと言って、

どこも貸し切りだ〜なんて安心も出来ないという事だ。

 

 

いわゆる「働き方改革」の波が少しずつきているのだろう。

 

 

さて、あなたはこれをどう捉える?

 

では、なぜ僕が、

わざわざこの様な事をブログにしたのか?というと。

 

 

実は僕のクライアントで「スポーツビジネス」という分野で、

活躍している企業があるのだが、

 

 

その収益の中心は、土日祝日のイベントでの収入で持っており、

なんと、その「休日のばらけ」によって、一時収益を減少させてしまったのだ。

 

 

「土日祝日と言えば、見込み客は休日である」

そんな常識が覆ってきているのだ。

 

 

そして、これはクライアントと同じ様に、

多くのビジネスにも影響を与える。

 

 

「来るべきタイミングに、お客さんがこない。」

 

 

そうした事は、今後、どんどん起きて来るのだ。

 

 

あなたはより顧客の動向を研究する必要がある。

 

さて、この話しを聞いてあなたはどう思っただろう?

 

 

いや、もっとダイレクトにお伝えすると、

あなたはどんな対策をするのだろうか?

 

 

結果的に、このクライアントが投じた施策は、

これまでのイベント参加者の職業や働き方を調査し。

 

 

その多くが一番、参加しやすい日程に、

イベントを開催するという施策をうってでた。

 

 

このように、同じような商品やサービスを販売してても、

「誰を相手にするのか?」そこでビジネスの戦い方は変わるだろうし。

 

 

その「誰」に関して、深く理解をすることで、

より勝率を上げる事が出来るのだ。

 

 

あなたが提供する商品やサービスに自信があればあるほど、

それを利用するであろう顧客についても深く研究する必要がある。

 

 

せっかくのGWなので、

こうした事を考える時間にあててみてはいかがだろう?

 

 

それでは。

ビジネスの関連記事
  • お金の使い方を知ってる?
  • 「一生、現場に出たい」と願う経営者
  • 働き方改革の波に乗る為のヒント
  • 100円のコーラを1,000円で売る方法
  • スポーツビジネス講演会
  • なぜ人に教えると成功するのか?
おすすめの記事
なぜ人に教えると成功するのか?
ビジネス
from 宮城哲郎 僕は沖縄という土地で生活している為、仕事のほとんどは「スカイプ」のようなオンラインチャットでのやり取りがメインだ。 ...
スポーツビジネス講演会
ビジネス
宮城です 先日、東京大田区の方で、 総合型地域スポーツクラブを対象とした講演会に 講師として参加いたしました。 詳しい内容と、様子を、...
ヘタクソなパンフレットを手に…
サンビスカス沖縄
from 宮城哲郎 僕の活動の中で、もっとも長く、そして最も「愛着のある」存在。 それがサンビスカス沖縄だ。 サンビスカス沖縄は総合型...
お金の使い方を知ってる?
ビジネス
from 宮城哲郎 先日、同業のコンサタントの方に、、、「宮城さん、このズボン良いね?」 そう言われた。 このコンサルタントは、僕等の業界で...
仕事の話は辞めよう!
ライフスタイル
宮城です。 スポーツ関係の仕事をしているせいか 色々な国と地域に行く機会が多い。 そして、その先々で必ずするのが「観光」なのだが、 例え...